1. HOME
  2. 女性が輝ける職業!

女性が輝ける職業!

美容鍼・女性の為の治療に特化して活躍する卒業生

鍼灸科3期生の加藤光代先生は、同じく当学園の卒業生であるご主人の加藤康太先生と卒業後5年目の2009年に浜町にて『NALU整骨院』開業。その後、妊娠、出産を経て、現在は2歳の娘さんのママであると共に、2院目の『NALU整骨院 茅場町院』の院長として、患者さまを診療する忙しい毎日を過ごされています。

先生が鍼灸師を目指したきっかけを教えてください。
高校生の頃、整骨院で受付のアルバイトをしていました。その際に、施術者として働く女性の先生の姿を見て『かっこいい!』そう思って、自分も鍼灸師になりたいと思ったのがきっかけです。
在学中は働きながらでしたので仕事との両立が大変でしたが、一緒に勉強して頑張ってきたクラスメートの存在は大きかったですね。在学中は一緒に勉強したり、実技の練習をしたり…本当に充実していました。今でも開業している先生たちと定期的に勉強会を開いたり、食事をしたり…一生の友が出来たことはとても大きいですね。
在学中はどのようなところで働いていましたか?
在学中は、高校生のころからアルバイトしていた治療院でそのまま3年間働かせて頂きました。私は仕事と勉強を両立させたかったので駅から近く、自宅からも通学しやすいという条件で了コ寺学園を選びました。
働きながらの通学は想像以上に大変でしたが在学中の整骨院でのアルバイトはとても勉強になりました。少し残念だったことは、仕事が忙しくて在学中に無料のセミナーを受講できなかったこと。せっかく沢山無料セミナーがあるのに受講できなくて残念な気持ちはありましたね。
それは残念でしたね。
そうですよね。同級生の中には無料セミナーが了コ寺学園を選んだ一番の理由、なんて方もいた位なのに(笑)
でも、卒業生向けのセミナーは受講しました。卒業生向けのセミナーはより臨床的で実践的なもので、『明日からすぐ使えるテクニック・スキル』ばかりでしたから、とても役立ちました。
美容鍼灸
どのようなセミナーを受講されましたか?
私が受講したのは美容鍼です。
ここ最近、鍼灸美容が注目されていますのでこのセミナーは本当に役に立ちました。 実際に開業している整骨院でも人気メニューですね。
美容鍼はやはり人気ですか?
はい。茅場町という場所柄か、とても人気です。女性の患者さまはもちろんですが、男性の患者さまでも美容鍼を受けられる方もいらっしゃいますよ。眼精疲労や顔の疲れなどにも効果的ですし、すっきりする、とおっしゃって大変喜んでいただいております。
確かに気持ちよさそうですね(笑)
タオル (笑)そうですね、技術的なことはもちろんなんですが、リラックスして受けて頂けるように心地よい空間を意識しています。 特に清潔感。私たちスタッフが気持ちよく仕事が出来ないと患者さまたちには同じように心地よい空間と思って頂けないと思っているので…。タオル一つにしてもさわり心地や香りなど、徹底しています。 それから挨拶。これは当たり前のことかもしれませんが、しっかりと挨拶ができるようスタッフにも徹底してもらっています。私自身は他にも、自分の担当ではない患者さまと他のスタッフとの会話もきちんと聴いておき、いつでも対応できるように心がけています。
開業、となると患者さまへの治療の他にもやるべきことが沢山なんですね。先生は同時期に通学されていた加藤康太先生とご結婚の後、一緒に最初の整骨院を立ち上げ、今年5月に茅場町院を開業、主に茅場町にて勤務なさっていらっしゃるんでしょうか?
はい。主に主人が浜町勤務、私は茅場町勤務ですが、スタッフのシフトの状況、鍼の予約状況などで臨機応変に(笑)
開業するにあたりご苦労されたことはありますか?
治療院にて
私は、高校時代からお世話になった整骨院を卒業と同時に退職し、新しい治療法・技術の習得の為5年間別の治療院で働きました。その後、最初の整骨院となる『NALU整骨院浜町』を卒業後5年目に主人である康太先生と共に開業しました。 開業当時は患者さまがいらしてくれるか、地域のみなさまに受け入れてもらえるか、試行錯誤の毎日で…。
一番大変だったことは治療メニューなどの設定。浜町という場所に受け入れて頂けるような内容を作るのに苦労しました。 ありがたいことに地域の皆さまに温かく受け入れて頂け、今では地域の行事にも娘共々参加させて頂いております。
育児とお仕事、両立は大変ではないですか?
確かに大変ですね。でも、仕事と育児、どちらかだけだという方が大変かも(笑) 私の性格上、育児だけよりは、気持ちを切り替えて患者さまと向き合う時間がある方が合っていると思っています。それに、とってもありがたいことに妊娠中から患者さまに『復帰を待っているからね!』と言って頂けて。やっぱり自分の治療を待っていてくださる患者さまがいるということは本当にうれしかったです。本当は産後一年位で復帰しようかな、と考えていたのですが、運よく希望していた保育所に空きがあって、4か月ほどで復帰しました。安心して娘を預けることが出来ますので、患者さまの治療に専念できる、ということで気持ちの切り替えが出来ているのかな、と(笑)今は趣味のボディボードで気分転換、ということが中々できませんので、仕事に集中するこの時間と、たまに同じ職業のママ友とランチしながら仕事、育児の話をすることで息抜きしています。
自身の妊娠、出産、育児を通じて何か変化はありましたか?
施術
私は幸いつわりもあまりなく順調でしたが、やはり立ち仕事、力仕事は妊娠中はしんどい(笑)もちろん、そんな時も患者さまの治療は妥協しませんが、妊娠中・育児中の身体の不調は想像以上でした。そのような経験から『ママスタ』というメニューを作りました。お子さんと一緒に来院しやすいよう個室を設けたり、中々外出できない患者さまの為に往診したり…。妊娠中おなかが気になるプレママさん達がうつぶせにならなくても治療できるベッドを設置したり、少しでも妊娠中や授乳中の身体の不快感を軽減していただけるよう心がけています。妊娠中は足のむくみや腰痛、産後は腱鞘炎、授乳時は首の痛みや顔の疲れ、骨盤のゆがみなどを訴える患者さまが多いんですが、産前産後の身体の不調って我慢しがちなんです。でも、そういったママさん、プレママさん達に我慢してほしくないなぁと思います。身体の不調を少しでも取り除けるお手伝いが出来たらうれしいですね。
お仕事復帰さにれてからの家事や育児とお仕事のバランスはいかがですか?
育児とお仕事 基本的な部分はまだまだ私中心ですが、主人には、家事などを積極的に手伝ってもらうようにしています(笑)それに、最近はだいぶ娘も大きくなってきて主人にお願いできる部分も増えてきたかな(笑) 休日に一緒に家族で出かけた時に、主人と娘が二人で遊んでいる姿はたまらないです(笑) もちろん子供にとってママは私一人。何かあったら最優先ですが、一日のスケジュールは保育所の送迎や食事など意外と大変。
それでも、『光代先生に治療を…』と頼ってくださる患者さまの治療も妥協することなく施術できる今の環境、スタッフのみんなや、主人の協力はとてもありがたいですね(にっこり)
女性ならではの不快感などはやはり女性の治療家との方が話しやすい。そうお話し下さる患者さまも多いですので、これからも無理せず今のスタイルで働きたいな、と思っています。といっても、『女性だから』とあまり気負いしすぎないようにしながら(笑)私にしかできない、私だからできる治療をもっと追究したいな、と思っています。
近年女性の進出も目覚ましい『鍼灸師』というお仕事。光代先生は『何よりも患者さまの症状が改善し、笑顔を見ることが出来た時に本当にうれしいし、やりがいを感じます』とにっこり。
ママとして、そして『鍼灸師』としてしなやかに輝く光代先生の今後の夢は、後輩の育成。
患者さまへの治療は勿論、これから鍼灸師を目指す若い世代の人たちを指導して、一人でも多くの素敵な治療家が増えてくれたらうれしいですね(笑)

お仕事チェック

加藤 光代 先生
  • 鍼灸科 2005年 卒業
  • はり師・きゅう師免許取得
  • NALU整骨院 茅場町院 院長
  • 当学園鍼灸科3期卒。卒業後、同じく当学園卒業生の加藤康太先生とご結婚。 卒業後5年目に、一店舗目となる『NALU整骨院浜町院』を開業されました。その後、妊娠・ご出産を経て、産後4か月目にお仕事に復帰されました。 自身の経験から、産前、産後の女性に優しい治療を…と、『ママスタ』と開始され、個室での施術、往診システムなどにも力を注ぐ他、『いつまでもキレイでいたい女性』の味方と『美容鍼』のテクニックにも定評がある光代先生。 現在は、二院目の『NALU整骨院茅場町院』の院長として、可愛らしい娘さんのママとしても元気いっぱい活躍中です。


NALU整骨院 茅場町院

所在地 東京都中央区茅場町2-11-5 大野ビル1F
TEL: 03-6661-7966
月曜〜金曜 10:00〜13:30、15:00〜20:30
土曜 10:00〜14:00
休診日 日曜・祝日


在学中に後にご主人となる加藤康太先生とお知り合いになり、卒業後ご結婚。治療院の名称は共通の趣味であるサーフィンやボディボードにちなんで、そして、お二人が大好きなハワイの言葉で『波』という意味を持つ『nalu』と付けたそう。 『波は寄せては返し、また寄せる。そんな風に患者さまが何度でも通いたくなるような心地よい空間を…そう願ってつけました。』治療院のBGMはハワイアンがメイン。明るくゆったりとした雰囲気でリラックスして施術を受けることが出来ます。 また、茅場町には女性の患者さまが多いので…と待合室に設置してある雑誌は最新号の女性誌が沢山。そんなところにも光代先生の気遣いが。

資料請求
オープンキャンパス



P
A
G
E

T
O
P