1. HOME
  2. スポーツトレーナーを目指す

当学園の卒業生にはトレーナーとして活躍している先生が沢山います。

現在、日本でトレーナーになるための国家資格はありません。 トレーナーの中には資格を持たずに活動している方もいますが、オリンピックや世界大会、国民体育大会や日本代表チーム、プロスポーツチームのトレーナーとして活動するためには、国家資格を有していることを条件としている場合があります。 アスレティックトレーニングやフィットネストレーニングなどの民間資格はありますが、実際にその資格だけではアスリートの方々に治療を施すことが出来ないのが現状です。 なぜなら日本の法律では『人の体に触れて医療類似行為を行うには医療系の国家資格を保有する者に限る』と定められているからです。

以上のことから、『トレーナー』になるためには、医療系の国家資格を取得することが必須条件と言えるでしょう。プロにしても、それ以外を対象にするにしても、トレーナーの仕事対象は「人」であり、いざというとき重大な責任が伴います。軽率な行動や知識不足は、相手の身体を傷つけかねないというリスクを含んでいます。日本で活躍しているトレーナーのほとんどが、はり師・きゅう師、柔道整復師などの医療系国家資格保有者なのです。

了コ寺学園ではトレーナーとして活躍するために必要な国家資格を取得することはもちろん、トレーナー養成に特化した無料セミナーを随時開催し、卒業時にはトレーナーとして即戦力となれるよう、在校生のみなさんの夢をサポートしています。

トレーナーってどんなお仕事? 新盛淳司先生

トレーナーと聞いて、皆さんが一番に思い浮かべるのはスポーツの試合中継などで怪我をした選手達に応急手当てを施している姿ではないでしょうか? そう言ったスポーツの現場でアスリートたちを支える『スポーツトレーナー』はアスリートたちの怪我の応急処置からその後のリハビリ、そして、怪我を予防するためのコンディショニングやメンテナンス、最高のパフォーマンスをする為のトレーニングのお手伝いなど多岐にわたり選手たちをサポートするのが一般的です。 また、スポーツの現場以外にも歌手などのアーティストのコンサートツアーに帯同し、日々のメンテナンスを引き受けるなど、年々活躍の場は広がりつつあります。 それぞれ活躍の場や、その役割は様々ですが、トレーナーとして一番求められることは、そのアスリートやアーティストたちに的確な治療を施し、最高のコンディションを維持する為のテクニックなのです。
医学的見解から身体の機能をきちんと理解し、そして的確な診断、処置、治療、そして何より、メンタル面を支える人間性が大切といえます。

トレーナーってどんなお仕事?

当学園のトレーナーとして活躍する卒業生の紹介やトレーナーの実践MOVIEをご紹介いたします。

  • 母指捻挫(屈曲制限)のテーピング
  • 足膝関節のテーピング
  • 足関節テーピング(外側)
  • 足関節テーピング(内側)
  • 踵を保護するテーピング
  • シンスプリントのテーピング
  • 足底筋膜炎のテーピング
  • 外反母趾のテーピング
  • 肩関節脱臼防止のテーピング(肩外旋制限)
  • 伸縮テープを使用した外側上顆炎のテーピング
  • 伸縮テープによる下腿三頭筋のテーピング
  • 肘関節内側側副靭帯損傷のテーピング
  • テーピング 足関節ホワイトテープ
  • テーピング 足首のアンダーラップ
  • 先輩の仕事 新盛 淳司先生
了コ寺学園のトレーナーセミナーにはどんなものがありますか?

了コ寺学園のトレーナー系のセミナーは、現在4講座ほど開催されています。いずれのセミナーも無料で受講することができます。(テキスト、教材などは実費)アスリートやアーティストをサポートするための知識を基礎から応用までしっかりと学ぶことができます。

スポーツ系無料セミナー紹介

活躍している卒業生のことを教えてください
CASE1
CASE2
資料請求
オープンキャンパス



P
A
G
E

T
O
P