1. HOME
  2. 柔整科
  3. カリキュラム

カリキュラムCurriculum

PICK UP カリキュラム

1年次 柔道
1年次 柔道

1年次の柔道の授業では、まず柔道の歴 史を学んでから実技に入ります。実技で は受身、礼法から学び、未経験者にもわ かりやすく、楽しく技術を身につけられる カリキュラムとなっています。国家試験を 受験するにはまず3年次の後期に行われ る「実技認定試験」に合格することが第 一関門となっており、1年次から繰り返し 学ぶことで、3年次までには柔道の技術や ルール審判技術を理解する程度の知識が 得られます。

2年次 柔整骨折実技
1年次 柔道

柔整骨折実技では、的確な診断を行う為 の各種検査方法、骨折した骨を正しい位 置に戻す為の各種整復方法、ギプスなど の固定材料を使用した固定法などを学び ます。骨折は、部位によって各種方法は 異なり、性別や年齢、生活環境に応じた 対策も必要となります。基本を繰り返し 行い、正しい技術を身につけます。臨床 経験豊富な講師陣による応用テクニック は、より臨床に近い技術を学べるように なっています。

3年次 柔整脱臼理論
1年次 柔道

柔整脱臼理論では、臨床現場でよく遭遇 する外傷の中で関節周辺に見られる怪我 にスポットを当てて学んでいきます。それ ぞれの怪我の発生原因や治療法も詳しく 学習し、現場で即戦力となる知識を身に つけることが出来ます。また、3 年生の授 業では、即戦力として役立つ知識はもち ろんのこと、国家試験対策にも力を入れ ており、過去問題集や予想問題を繰り返 し解いて国家試験本番に備えます。

臨床能力、幅広い医学知識、 そして、豊かな人間性を育成します。

1年次

医療の基礎知識・技術をしっかり固める


医療現場で活躍している講師陣よ り、国家試験を見据えた幅広い医 学的知識と教養、柔道整復理論・ 実技を学び、即戦力を養います。

基礎分野

生物学、人と倫理、人と環境、英語、栄養学

専門基礎分野

解剖学(実習含む)、生理学、一般臨床医学、柔道



専門分野

柔道整復理論総論、柔整脱臼理論、柔整軟損理論、柔整包帯実技、柔整副木実技、柔整基礎実技、柔整骨折実技

2年次

基礎から応用まで幅広い分野を学ぶ


1年次の復習と幅広い医学的知識 と教養、柔道整復用理論・実技を 習得することを目標にしています。


基礎分野

心理学、社会福祉概論


専門基礎分野

解剖学(実習含む)、生理学、運動学、病理学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、衛生学、公衆衛生学、リハビリテーション概論

専門分野

柔整上肢骨折理論、柔整脱臼理論、柔整軟損理論、柔整骨折実技、柔整脱臼実技、柔整軟損実技

3年次

国家試験対策はもちろん実践で活かせる技術を学ぶ

最終目標である国家試験合格に向 けた対策と患者様と向き合う臨床 実習、開業に必要な知識を習得す ることを目標にしています。

専門基礎分野

解剖学特論、解剖生理学特論、生理学特論、病理学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、衛生学、リハビリテーション概論、疾病・障害特論、関係法規

専門分野

柔道整復特論、柔整脱臼軟損理論、柔整軟損実技、柔整総合実技、臨床実習

資料請求
オープンキャンパス



P
A
G
E

T
O
P