1. HOME
  2. よくあるご質問

よくあるご質問FAQ

ストレスフリーセラピストとはどんな資格ですか?
ストレスから起こる様々な病気、症状を理解し、東洋医学のツボとは別に、身体の特別な体表点に心地良い熱刺激を間歇的に与えることにより、ストレスホルモンを有意に低下させ、血流の改善を図ることができる、ストレスに関する専門家です。この資格は、2年次までの柔整科、鍼灸科の教育を受けたもの全員が受験資格を得られます。 合格すると、了コ寺大学認定のディプロマが授与され「ストレスフリーセラピスト」に登録されます。
入学に年齢制限はありますか?
専門学校は、年齢層が広いと聞きますが入学者の年齢層を教えて下さい。
また男女比はどのくらいですか?
年齢制限はありません。高校卒業以上の方なら、どなたでも入学可能です。
10代が一番多いですが、社会人からの入学者もいらっしゃいます。年代や性別に関係なく、多くの方が学んでいます。
午前部と午後部の違いを教えてください。
授業の開始時間以外、大きな違いはありません。
午前部の授業時間は午前9時から午後12時10分まで。夜間部 の授業時間は午後13時から午後16時10 分まで。学生さんが空き時間を有効に使えるような時間設定になっています。また、カリキュ ラム、時間割は同じように組まれておりますので、定員に空きがあれば新学年での転部も可能です。
柔道は、初めてです。授業について行けますか?
心配いりません。初心者や久しぶりに身体を動かす方にも分かりやすく、 丁寧に指導しますので無理なく柔道を学ぶことができます。
鍼灸は痛い、熱いというイメージがあり受けたことがないのですが。 入学前に受けておいたほうが良いですか?
鍼灸治療の経験が無い方でも、問題ありません。
当学園附属鍼灸院では、鍼灸治療を体験することもできますので、お気軽にお問い合わせください。
文系を専攻していました。授業について行けますか?
文系出身の学生・卒業生も多くいらっしゃいます。柔整科のカリキュラムには、理系の科目が多いのですが、学ぶ目的 が明確であり、新しい知識に好奇心をくすぐられ、楽しく学んでいる、という声も聴きます。
また、授業についていくことが出来ない、期末試験の結果が良くなかった、という学生のために、教員による補講や卒 業生チューターによる補講などで学習を補うことができるようになっています。
柔道整復師国家試験はどのように行われるのですか?
どんな試験対策が行われていますか?
最終学年度の3月第一日曜日に学外の試験会場にて行われます。一日かけて行われ、必修30 問、一般200 問の 合計230 問出題されます。必修80%以上、一般60%以上正解すると合格となります。
試験対策としては、国家試験問題を想定した定期試験で自分の学力を確認、弱点を克服して力をつけていきます。 最終学年になると国家試験を想定し、同じマークシートを使用し、同じ時間で行う模擬試験を行い、合格するため のテクニックを身につけるようにします。模擬試験結果が悪かった場合には面談を行い、教員やチューターによる 補講を受けるよう指導しています。
最終学年度の2月第四日曜日に学外の試験会場にて行われます。一日かけて行われ、160問出題されます。60% 以上正解すると合格となります。 試験対策としては、国家試験問題を想定した定期試験で自分の学力を確認、弱点を克服して力をつけていきます。
最終学年になると国家試験を想定し、同じマークシートを使用し、同じ時間で行う模擬試験を行い、合格するため のテクニックを身につけるようにします。模擬試験結果が悪かった場合には面談を行い、教員やチューターによる 補講を受けるよう指導しています。
はり師・きゅう師国家試験はどのように行われるのですか?
どんな試験対策が行われていますか?
最終学年度の2月第四日曜日に学外の試験会場にて行われます。一日かけて行われ、160問出題されます。60% 以上正解すると合格となります。 試験対策としては、国家試験問題を想定した定期試験で自分の学力を確認、弱点を克服して力をつけていきます。
最終学年になると国家試験を想定し、同じマークシートを使用し、同じ時間で行う模擬試験を行い、合格するため のテクニックを身につけるようにします。模擬試験結果が悪かった場合には面談を行い、教員やチューターによる 補講を受けるよう指導しています。
柔整科卒業後の進路について教えてください。
在学中より、接骨院・整骨院、病院や介護老人施設などの福祉施設でアルバイトをし、そのままアルバイト先へ就職 する学生がほとんどです。大多数の卒業生は、治療院等で数年間修行し、独立開業を目指します。開業や治療法に 関する相談を気軽に行える「開業110番」(専用の直通電話)の設置、卒後教育セミナー、開業セミナー等を定期的 に開催するなどのバックアップ体制にも力を注いでおります。また、在学中に受講したセミナーで学んだ知識を生か し、スポーツトレーナーとして活躍する卒業生も年々増えています。
鍼灸科卒業後の進路について教えてください。
在学中より、鍼灸院や、美容鍼灸を主とするリラクゼーション施設、病院や介護老人施設などの福祉施設でアルバ イトをし、そのままアルバイト先へ就職する卒業生が殆どです。治療院等で数年間修行し、独立開業を目指す卒業 生が殆どですので、開業や治療法に関する相談を気軽に行える『開業110番』(専用の直通電話)の設置、卒後教育 セミナー、開業セミナー等を定期的に開催するなどのバックアップ体制にも力を注いでおります。また、在学中に受 講したセミナーで学んだ知識を生かし、スポーツトレーナーとして活躍する卒業生も年々増えています。
夏休みや冬休みなどの長期休暇はありますか?
年間スケジュールを教えてください。
長期休暇は学年によって差がありますが、夏休みは1週間から2週間程度。冬休みは、1週間程度。春休みが2週間程度あります。前期と後期に分かれており、各期で始業式やオリエンテーションなど行い通常授業が開始されます。それぞれ期末試験があり、さらに進級試験、国家試験手続認定試験、卒業認定試験があります。
通常授業以外に学外で行うものがあります。著名な方をお招きして講演を聴く校外学習、日ごろの成果を試す柔道大会、全国の鍼灸師養成校が集う 学術大会、都内大学医学部のご協力で行う解剖実習などがあります。
資料請求
オープンキャンパス



P
A
G
E

T
O
P